青キジの行動とセリフの謎まとめ

03.jpg
どこか掴みどころのない元海軍本部大将"青キジ"。
大将になるほどの力を持った男が海軍を抜けた後、
黒ひげに加担している真の目的とは?
あの時の謎のセリフの真意とは?

散らばっているこれまでの彼の行動とセリフをまとめました。



青キジとは?


・元海軍大将
・自然系悪魔の実"ヒエヒエの実"の氷結人間
・モットーは「ダラけきった正義」
・現在は海軍を抜け、超ペンギン"キャメル"と共に行動している様子
最初から世界政府が全てとは思っていない。海軍にいないからこそ見えて来るものもあると考えている
・赤犬とは相容れない仲 「あのバカ程行き過ぎるつもりはねェよ!!!」
・仁義、筋をしっかり通すタイプ
34_046.jpg 04.jpg
onepiece34_060-061.jpg



青キジのこれまでの行動とセリフ


22年前
オハラでロビンを逃がす

 見せしめにオハラが消されることに誇りが持てるかと問われ
 「それが今後の世界の為なら仕方ない」
 「正義なんてのは立場によって形を変える。だからお前の”正義”も責めやしない。
 「-サウロが守った”種”は一体何者に育つのか・・・」
 ↓
ルフィたちが空島から戻ってきた頃、勝手に海軍を抜けて散歩(もといニコ・ロビン探し)に出る
onepiece-169.jpg
 ↓
ロング・リング・ランドで麦わらの一味と遭遇
ルフィとの決闘に勝つもアラバスタでの借りがあるため一味を逃す。
34_073.jpg
 ↓
エニエス・ロビーで麦わらの一味を取り逃がす
44_204-205.jpg
 ↓
W7でロビンと接触
 「”オハラ”はまだ・・・滅んじゃいねぇ
45_064.jpg 45_065.jpg 45_066.jpg
 ↓
頂上戦争参戦
56_175.jpg
頂上戦争後、次期元帥をかけてパンクハザード島で赤犬と決闘。
十日間の死闘に破れ、海軍を抜ける。

P00073.jpg P00074.jpg
 ↓
Film Z セカン島
温泉で麦わらの一味を待っていた。
身体に大きな傷跡、左足が膝下から無くなっている。
 「あぁ、コレか?ちょっと…やんちゃし過ぎちまったんだよ」
ルフィ「お前、左足どうしたんだ?」→「世の中には、聞かねぇ方がいいこともあるって覚えておきな」
  「なんで赤犬と決闘なんかしたんだ?」→「やれやれ…ほんとデリカシーの無い小僧だよ。それも、ノーコメントだ」
Zの行く末を見届けようと考えているが、その先はどうすればいいのかわからないと自身も迷っている様子

3つ目のエンドポイントでゼファーの死に場所を作り、彼の筋を通した生涯をかっこいいじゃねぇかと言葉にする。
11.jpg0e37ca46.jpg
 ↓
パンクハザードでスモーカーを助ける
 ドフラミンゴ
  「お前今・・・!! 何者なんだ!!! クザン!!! いい評判は聞かねぇぞ」
  「ただの放浪者と・・・何かを決断した男の顔は違う・・・!!!
ONEPIECE 70è¬166.jpg
 スモーカー
  「まさか”闇”に通じてる訳じゃねぇだろうな」→無言→「おれはおれよ・・・スモーカー」
p0173.jpg 08.jpg
 ↓
ドレスローザ、コロシアムでバージェスが黒ひげと青キジについて会話
 「-だがおれァ”青キジ”なんざ信用できねェってんだよ!!
09.jpg
 ↓
ドフラミンゴ敗北後、黒ひげに加担している事実が発覚
 五老星「クザンの件はどうだ・・・あの巨大な戦力が今や”黒ひげ”に加担しているとは!!
02.jpg




ちょっとした疑問


スモーカーが言う"闇"とは、裏の世界のことなのか、黒ひげのことなのか?
スモーカーがここで言ってたのはヤミヤミの能力を持った黒ひげのことだったんでしょうか。
それとも単純に裏の世界のことだったんでしょうか。


オハラでサウロを捕らえたとき、彼が使った技は「アイスエイジ」ではなく「アイス タイムカプセル」
06.jpg
彼の技で人を凍らせるときに使うのは「アイスエイジ」でした。
しかし、ここで彼が使った技の名前は「アイス タイムカプセル
タイムカプセルって時間が経ってからまた開けるものですよね。ということはサウロは…?
しかし、W7でロビンに言った言葉は「親友"だった"」と過去形です。
サウロはやはり生きてはいないのでしょうか?
それとも生きてはいても、もう昔のような仲ではないということでしょうか…。


「"オハラ"はまだ滅んでいない」とは?
ここで彼が言う"オハラ"は一体何を指している言葉なんでしょうか。
オハラの学者の生き残り?
学者たちの思想や理念?(だとしたらその思想とは?)
それともサウロのこと?
ここでの会話の流れを見ると、直前に彼はこう言っています。
「サウロの選択が正しかったと証明するつもりならしっかり生きろ」
つまりしっかり生きていれば"オハラ"を象徴するものとまた出会えるということでしょうか。

さらに最後にニコ・オルビアはこう言っています。
「"歴史"は子供達の未来を明るく照らすもの。
 しかし歴史は次世代に引き継がなければ消えてしまう。オハラは歴史を受け止め守りたかっただけ。
 オハラの空白の100年を探る研究はここで終わりになるけど、
  たとえオハラが滅びても、子供達の未来を私達が諦めるわけにはいかない。
05.jpg
オハラが滅びても未来=歴史を諦めるわけにはいかないということで、
学者達は大量の本を湖に投げ、守りましたね。
そしてこの言葉だけをみると、オハラ以外の場所に学者がいるかのように捉えることもできますが、
実際はどうなんでしょうか?
ロビンが青キジの言う"オハラ"に出会うとき、どんな形で何が繋がるんでしょうか。楽しみですね。


以上、新たな情報が入り次第、追記更新していきます!!



スポンサーリンク


この記事へのコメント

人気記事